Heart disease of dog

犬の心臓病って?

こんにちは。ぶんペットクリニックです。今日は、犬の心臓病について説明したいと思います。

わんちゃんの心臓病が、実はかなり多いのをご存知でしょうか? 特に、小型犬〜中型犬では、心臓病が多く、なんと、日本のわんちゃんの死因の、2位が心臓病となっています。

犬の心臓病の中で具体的にどのような病気が多いかというと、"僧帽弁閉鎖不全症"という病気が大多数を占めています。

体感で、心臓病の8~9割がこの病気です。


僧帽弁閉鎖不全症というのは、僧帽弁という、心臓の弁がうまく閉まらなくなる病気のことです。



What  is Mitral regurgitation?

僧帽弁閉鎖不全症とは?どのような病気なの?

  • Cause

    【僧帽弁閉鎖不全症の原因】

    心臓には、4つのお部屋があり、右心房、右心室、左心房、左心室に分かれます。この、左心房と左心室の間にあるのが、僧帽弁です。左心房の血液は、僧帽弁を通り、左心室に流れ、さらに大動脈を介して、全身に送られます。この僧帽弁が、歳と共に、少しずつ変性し、閉じ切らなくなると、弁から血が逆流し、心臓に負荷がかかるようになります。


    ダウンロード (3)
  • Symptoms

    【僧帽弁閉鎖不全症の症状や診断】

    心臓病のよくある症状は、咳や呼吸が荒い、最近動きが悪くなった、元気がない、チアノーゼ(舌の色が青い)などです。 病院に来られた際は、呼吸状態や心臓の音を確認して、心臓病の有無や重症度を確認していきます。 僧帽弁閉鎖不全症では、僧帽弁からの逆流音が、雑音として聴取されるので、聴診で、心臓病の有無を判断することが可能です。 心臓病が疑わしい場合は、レントゲンや、エコー検査で心臓病の評価をしていきます。 レントゲンでは、心臓病以外に、肺や気管支の病気がないかどうか、心臓の拡大や、形の異常がないかどうかを確認します。 エコー検査では、心臓の弁の状態や逆流の量、心臓への負荷について確認していきます。 心臓病にはステージ(進行度)があり、重症度が増すと、ステージが上がります。そして、心臓に負荷がかかっている場合は、治療が必要となります。 

    ダウンロード (4)
  • Treatment

    【僧帽弁閉鎖不全症の治療】

    内科治療では、心臓の負荷を軽減して、心臓を長持ちさせ、症状があれば症状を軽減させて生活の質を改善させることが目標となります。 内服薬で、心臓の働きを改善させるお薬や、必要に応じて、血圧の薬、利尿剤を使用したりすることもあります。 利尿剤を使用し始めると、腎臓に負荷がかかってくる可能性があり、うまく腎臓と付き合いながら治療をしていく必要があります。 心臓病が悪化すると、肺水腫という肺に水が溜まった状態になり、急に呼吸が苦しくなる状態に悪化することがあります。 この場合、緊急的となり、すぐに病院での治療が必要です。


    名称未設定のデザイン-12
  • Differential disease


    【鑑別疾患について】

    心臓病と、紛らわしい病気として、呼吸器からくる咳があります。

    心臓病では、心臓が拡大して、気管を圧迫することで咳の症状が出ることがありますが、心臓病とは全く関係のない咳もたくさんあるので注意が必要です。

    特に、小型犬では、気管虚脱といって、気管が潰れてしまう病気があります。

    器官が潰れることで、呼吸の通り道が狭くなり、空気の通る刺激によって、咳が発生します。


    呼吸様式や、咳の状態、場合によって、レントゲン等を確認することで、咳の原因を突き止めていきます。

    25865950_l

心臓病は早期に発見できる病気です

心臓病は、時に緊急的になることがあります。できれば、早いうちから愛犬の健康状態について把握し、症状が出たときに、悪化の可能性や起こりうるリスクについて適切に判断できるといいと考えています。

そのためには、健康診断等も含めて、定期的に動物病院で健康チェックをおこなっていくことも大切です。

愛知県岡崎市にあるぶんペットクリニックでは、犬・猫の診療を行っております。

正しい診療・治療はもちろん、わかりやすい説明や日常のアドバイスなど含めて、ご家族が笑顔で溢れる動物病院を目指しております。

ご家族(犬・猫)のことでお困りのことがございましたらお気軽にご連絡ください。



CHECK!

ぶんペットクリニックの"こだわり"

ぶんペットクリニックは、「地域の皆様に信頼され、笑顔あふれる動物病院」を目指しています

  • 1920タイル圧縮

    POINT01

    飼い主様と犬猫の生活をサポート

    しつけや介護をはじめとして、生活の些細な不安を取り除けるように、精一杯サポート致します。初めて犬猫を飼った方でも、安心して生活できるように、丁寧に相談させていただきます。

  • 1920石圧縮

    POINT02

    正確な診断と治療

    安心して治療が受けられるように、正確な診断と治療を心がけております。

    医学的根拠のある治療を大切にして、日々最新の知見をアップデートしていけるように、しています。

  • 1920タイル圧縮

    POINT03

    幅広い診療分野に対応

    当院では、幅広い診療分野に対応しています。複数の症状があった場合も、総合的に判断して、診断や治療を行なっております。

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~11:30
16:00~19:30
※電話対応は8:00~20:00まで可

Access


ぶんペットクリニック

住所

〒444-0201

愛知県岡崎市上和田町森崎45

Google MAPで確認する
電話番号

0564-84-5070

0564-84-5070

FAX番号 0564-84-5071
営業時間

9:00~11:30

16:00~19:30

※お電話は8:00~20:00まで対応させていただいております。

定休日

木,祝

ご予約はこちら

https://step.petlife.asia/petreserve/subjectlist/index/cid/m7763576?SITE_CODE=hp

地域密着で日々診療を手掛け、一匹一匹に合わせた治療をご提供することで、健康と笑顔を守るためのお手伝いをしてまいりました。早期発見のための健康診断や、しつけや介護などのご相談も含めて、ペットとの健康な日々をトータルでサポートいたします。予約制での診療で一匹一匹と向き合い、健康を支えます。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。